症例登録に関するQA | 参加検討中の施設の方へ | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

症例登録に関するQA

Q1
疾患についてはもっと内容を充実させるべきではありませんか?また集中治療専門医養成のための教育プログラムとも連動が必要ではないでしょうか。
A1
疾患内容についてですがこれはすべてANZICSの疾患群分類(APACHE III準拠)を採用しており、これにより国際的な比較を可能としております。もちろんそれだけでは足りないという声も委員会ではありましたので、テキストでの主病名や副病名も表記していただくことにしております。今後の改変等にあたって先生方のご意見を取り入れていく所存です。またECMO, VAC,小児などについてもそれぞれレジストリとして使いたいというお声もありますし、英国のICNARCのように各種RCTのポータルとしても活用したいとの声も聞かれます。あくまでも重症度と予後に特化した基幹部分の構築とご理解下さい。
Q2
症例の登録項目のなかで、血液ガスやAPACHE IIスコア、APACHE IIIスコア、SOFAスコアは、連日入力するものでしょうか。それとも、入室期間中のなかで、最高と最低値を記載するものでしょうか。
A2
入室後24時間以内のデータ(最悪値)となっております。
Q3
当院では、フィリップス社製のPIMSを部門システムとして利用しています。この電子カルテシステムから自動収集は可能でしょうか。可能であれば、どの項目について自動収集が可能かをお教えください。
A3
フィリップス社のPIMSおよびACSYSからの自動収集は原則的に可能ですが、施設によってバージョンや機能が導入時期によりかなり違うようです。そのため各施設でメーカーにご相談下さい。基本的には全体の80-90%程度が自動収集されますがこの仕組みはCSV形式の流し込みとは違います。詳細はフィリップス社との相談となります。ファイルメーカープロのシステムを部門システム側(電子カルテネットワーク内)にも設置してODBC連携によるデータ取得となります。その他のメーカーの重症系システムにおいてはデータの出力はCSV形式での対応となります。いずれも導入開始時から完全な自動収集は困難だと思われます。
Q4
JIPADで集める項目以外にICU入室中の経過や合併症などを書き入れることで各施設での台帳としても活用できるのではないでしょうか?
A4
複数の施設から同様のご要望をいただいております。JIPAD3.0では、ExJIPADというオプションを設けております。こちらでは、ICU入室中の経過、合併症、画像など、各施設で自由に記載できかつ台帳としてご利用いただけますので、ぜひ活用いただきたいと思います。ExJIPADのデータはサーバーに送信はされません。各施設で自由にアレンジして使いやすくできるように今後も引き続き開発をして参ります。
このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる