慢性疾患 | 入力ガイド | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

慢性疾患

慢性疾患は入院時点以前の状態であり、例えば心不全で ICU に入室したとしても、今回の入院以前の状態が NYHA IV 度でなければ心不全は選択されない。
また、もともと呼吸不全はないが、前医で肺炎に対して気管挿管され、転院直入でICU に入室した場合は、ICU 入室時点では人工呼吸器を使用しているが、今回の肺炎発症以前には呼吸不全ではないため、呼吸不全は選択されない。心不全や免疫抑制についても同様である。
ステロイド内服中の患者すべてで免疫抑制が“Yes”になるわけではなく、プレドニゾロン換算で 0.375mg/kg/日以上の場合に“Yes”となる。
転移性肺腫瘍や転移性肝腫瘍などの術後で、ICU 入室時には転移巣や原発巣が除去されていても、これらの場合には癌転移は“Yes”を選択する。
疾患名 スコア 定義
AIDS II, III, S HIV 陽性で、AIDS の定義を満たす合併症がある。
心不全 II NYHA IV:安静時もしくは非常に軽度の労作で症状が出現。
呼吸不全 II 証明された慢性の低酸素、高二酸化炭素、二次性多血症、重度の 肺高血圧、人工呼吸器依存。
肝不全 II, III 下記の肝硬変があり、かつ黄疸/腹水/上部消化管出血/肝性脳 症の既往がある。
肝硬変 II, III 肝硬変になる原因があって門脈圧亢進症状(食道静脈瘤など)が あるか、生検にて証明されている。 機能している移植肝を持っている場合は含まない。
白血病/ 多発性骨髄腫 II, III, S 過去5年以内の既往。 白血病は急性/慢性、骨髄性/リンパ性を問わない。
リンパ腫 II, III, S 過去5年以内の既往。
癌転移 II, III, S 固形癌の遠隔転移。所属リンパ節や浸潤は含まれない。
免疫抑制 II, III 6ヶ月以内に以下の治療を受けている:免疫抑制剤/化学療法/ 放射線療法/ステロイド(プレドニゾロン換算で 0.375mg/kg/日 以上)。
維持透析 II 血液透析もしくは腹膜透析が3ヶ月以上前から導入。

II: APACHE II, III: APACHE III, S: SAPS II.

慢性疾患は ICU 入室以前の状態であり、今回の入院理由となった急性期病態の経過中に発症した慢性疾患は選択しない。例えば心不全で ICU 入室したとしても、今回の入院以前の状態が NYHA IV 度でなければ心不全は選択されない。

APACHE II には AIDS、白血病/多発性骨髄腫、リンパ腫、癌転移という項目はないが、免疫抑制の定義に含まれると考えられるため、これらの項目に II を記載している。

APACHE II と APACHE III の肝不全の定義には若干の差異があり、また APACHEIII では肝硬変も追加されている。そのため、肝不全の定義は APACHE III のものを用い、肝硬変も APACHE II の肝不全の定義に含めている。

このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる