学術集会でJIPADのワークショップを開催します | お知らせ | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

2018-10-01

学術集会でJIPADのワークショップを開催します

2019年3月1日から3日に京都で開かれる第46回日本集中治療医学会学術集会で、JIPADワーキンググループ主催によるワークショップを開催します。現時点での演者や内容は以下の通りです(仮)。

「JIPAD四方山話2019」
座長 内野 滋彦  慈恵医科大学附属病院集中治療部
座長 熊澤 淳史  堺市立総合医療センター集中治療科
演者 入江 洋正  倉敷中央病院麻酔科 ナショナルレジストリの重要性 〜JIPADに参加しよう、そして研究しよう〜
演者 青木 善孝  静岡県立病院麻酔科 日常診療をデータ化して未来へ繋げよう!〜新設ICUセンターから見たメリットを中心に〜
演者 岡本 洋史  倉敷中央病院救急医療センター JIPADブレイク前夜〜論文量産に向けて解決すべき課題〜
演者 一原 直昭  東京大学大学院医学研究科医療品質評価学講座 診療の質改善に向けて、病院・部門の特性を知ろう 〜JIPAD施設別年次レポートの活用法〜
演者 内野 滋彦  慈恵医科大学附属病院集中治療部 JIPAD update 2019


以下も、密接に関連するセッションです。

「シンポジウム 集中治療の質を評価しよう」
座長 西村 匡司 理事長   
演者 土井 松幸 浜松医科大学集中治療部 集中治療専門医研修認定施設調査の報告   
演者 熊澤 淳史 堺市立総合医療センター集中治療科 集中治療Quality Indicator の開発


学術集会ホームページはこちら
    http://jsicm2019.jp
このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる