過去のレポート(2016年度版) | 過去のレポート | 年次レポート | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

過去のレポート(2016年度版)

09ICU の利用(滞在日数)
  • 医療の質を表す別の指標として効率性がある。
  • ICU の効率的な利用も医療の質の一つといえる。
  • ANZICS のレポートでは、予測 ICU 滞在日数を用い標準化 ICU 滞在日数比を算出し、SMR と合わせた分布を調べている。
  • JIPAD では、予測 ICU 滞在日数を算出するモデルを構築していないため、ICU 滞在日数の中央値と SMR を合わせた分布を調べた。

ICU の利用(滞在日数)成人全例

ICU の利用(滞在日数)成人重症例

  • SMR と比較すると、ICU 滞在日数の中央値はばらつきが大きかった。
  • Case mix の調整をしないと効率性について言及できないが、施設によって ICU の利用が大きく異なる可能性がある。
08重症度スコアの評価
  • 再入室例および ICU での手技目的は除外。
  • APACHE III, II, SAPS II は成人症例の病院死亡率、PIM2 は小児症例の ICU 死亡率で評価。ただし小児の ICU 死亡率が低いため、病院死亡率でも評価を行った。
  • サブ解析として、成人重症例のみを対象とした評価も行った。
  • 小児は死亡率が低く、かつ PIM2 がすでに予測死亡率のため、度数分布は作成していない。
  成人全例 成人重症 小児
症例数, n 14,391 8,303 793
ICU死亡, n (%) 473 (3.3) 473 (5.7) 26 (3.3)
病院死亡, n (%) 1,021 (7.1) 978 (11.8) 39 (4.9)
APACHE IIIスコア* 50 [38, 66] 60 [45, 78]
予測死亡率*, % 5.9 [2.5, 16.1] 11.0 [4.3, 29.2]
SMR 0.444 0.529
APACHE IIスコア* 13 [10, 17] 15 [12, 21]
予測死亡率*, % 10.8 [6.0, 21.2] 16.5 [8.4, 34.5]
SMR 0.361 0.461
SAPS IIスコア* 26 [18, 37] 33 [25, 45]
予測死亡率*, % 7.2 [2.9, 19.6] 14.0 [6.5, 34.8]
SMR 0.404 0.463
PIM2予測死亡率*, % 1.0 [0.3, 2.2]
SMR 0.836
(病院死亡のSMR) 1.244
*中央値 [25th, 75th]
SMR: Standardized mortality ratio(標準化死亡比).
  • 全てのスコアにおいて、SMR は低値を示しており、死亡予測を過大評価していることが分かる。ただし PIM2 は成人のスコアに比べ 1 に近い。これらは昨年と同様の結果であった。
  • 成人の 3 つのスコアの中では、APACHE III, SAPS II, APACHE II の順に 1 に近くなっている。これはそれぞれのスコアが発表された時期と同じ順番である(APACHE III-j:2001 年、SAPS II:1993 年、APACHE II:1985 年)。
  • APACHE II, III, SAPSII の分布は、いずれも軽度の正の歪みをもつなだらかな分布をしていた。各スコアの最頻値は昨年と同様であった。
APACHE III スコアの分布
APACHE II スコアの分布
SAPS II スコアの分布
成人重症度スコアの ROC 曲線:成人全例
成人重症度スコアの ROC 曲線:成人重症例
成人重症度スコア別死亡予測の ROC 曲線下面積
  成人全例(95% CI) 成人重症(95% CI)
APACHE III-j 0.926 (0.918 - 0.934) 0.903 (0.894 - 0.913)
APACHE II 0.893 (0.882 - 0.904) 0.864 (0.851 - 0.877)
SAPS II 0.905 (0.895 - 0.915) 0.875 (0.863 - 0.887
CI: confidence interval
PIM2 の ROC 曲線(ICU 死亡、病院死亡)
PIM2 の ROC 曲線下面積
  小児(95% CI)
ICU死亡 0.859 (0.782 - 0.936)
病院死亡 0.866 (0.802 - 0.931)
CI: confidence interval
  • SMRと同様、ROC曲線下面積もAPACHE III, SAPS II, APACHE IIの順に高値であり、すべての比較検定においてP<0.05であった。
  • これらは昨年と同様の結果であった。
06Australian and New Zealand
Intensive Care Society (ANZICS)との比較
  • ANZICS の最新のレポートである 2015-16 年のものを使用した。
    http://www.anzics.com.au/Downloads/APD%20Activity%20Report%202015-16.pdf
  • 成人では、本邦の方が予定入室は多かった。
  • APACHE III-j による SMR は 1 を大きく下回っていた。ANZICS はこれを理由に Australian and New Zealand Risk of Death (ANZROD)を採用するようになっており、本邦でも独自の予測死亡率の算出が望まれる。

成人症例の背景と予後

  ANZICS JIPAD
症例数, n 151,767 14,981
年齢* 65 [50, 75] 70 [60, 78]
男性, % 57.5 60.9
APACHEIIIスコア* 45 [31, 61] 50 [38, 67]
APACHEIII-j院内予測死亡率, %* 3.1 [0.9, 11.0] 6.2 [2.6, 17.6]
平均予測死亡率, % 10.7 16.0
予定術後の予定入室, % 42.6 60.9
入室後24時間以内の人工呼吸, % 34.6 34.9
ICU在室日数* 1.7 [0.9, 3.2] 1.0 [0.8, 2.8]
時間外退出(18時〜6時), % 15.4 3.5
再入室, % 4.5 3.9
入室経路, %    
病棟 15.7 9.9
手術室 52.1 72.8
救急外来 26.2 16.3
転院直入 6.0 0.9
ICU死亡率, % 5.2 3.6
退院時死亡率, % 8.1 7.8
SMR 0.75 0.49

*中央値 [25th, 75th]
SMR: Standardized mortality ratio(標準化死亡比).

各国の成人症例の疾患頻度トップ 5

オーストラリア
  主病名コード   主病名 %
1 1207 手術後 冠動脈バイパス 6.2
2 1902 手術後 整形外科手術 4.6
3 1405 手術後 消化器腫瘍 4.1
4 1206 手術後 心臓弁手術 3.7
5 703 非手術 薬物中毒 3.6
ニュージーランド
  主病名コード   主病名 %
1 1207 手術後 冠動脈バイパス 8.9
2 1206 手術後 心臓弁手術 5.9
3 703 非手術 薬物中毒 3.6
4 1405 手術後 消化器腫瘍 3.6
5 102 非手術 心停止 3.1
JIPAD
  主病名コード   主病名 %
1 1405 手術後 消化器腫瘍 12.5
2 1302 手術後 肺/縦隔腫瘍 7.3
3 1206 手術後 心臓弁手術 5.3
4 1506 手術後 その他の神経系疾患 4.2
5 1902 手術後 整形外科手術 3.5

小児症例の背景と予後

  • 小児の疾患分類は Australian and New Zealand Paediatric Intensive CareRegistry (ANZPICR)のものを用いており、JIPAD は成人と同様に AdultPatient Database (APD)を用いているため、疾患名が異なる。例えば先天性心疾患は、ANZPICR では細分化しているためか疾患の上位に来ないが、JIPADではすべて“その他の心血管疾患”に分類されるため 1 位になっている。ANZPICR の詳細についてはホームページを参照されたい。
    http://www.anzics.com.au/pages/CORE/ANZPICR-registry.aspx
  ANZICS JIPAD
症例数, n 11,024 860
年齢層    
1歳未満, % 37.1 36.5
1歳以上5歳未満, % 28.1 29.3
5歳以上16歳未満, % 34.8 34.2
男児, % 57.1 54.5
予定術後の予定入室, % 28.5 62.9
ICU在室中の人工呼吸(NPPVを含む), % 50.6 61.1
ICU在室日数* 1.6† 1.8 [0.8, 4.8]
時間外退出(18時〜6時), % 11.4 2.4
再入室, % 7.3 3.9
入室経路, %    
病棟 17.8 14.1
手術室 36.7 72.0
救急外来 24.2 7.7
転院直入 20.8 6.3
ICU死亡率, % 2.5 3.1
退院時死亡率, % 3.8 4.9

*中央値 [25th, 75th]
†ANZPICR では中央値のみを提供.
NPPV: noninvasive positive pressure ventilation, SMR: Standardized mortality ratio(標準化死亡比).

各国の小児症例の診断カテゴリー(疾患群)頻度トップ 5

オーストラリア・ニュージーランド
  主病名 %
1 呼吸器系 31.2
2 手術後(心臓血管外科術後を除く) 22.9
3 循環器系(心臓血管外科術後を含む) 19.3
4 その他 12.1
5 神経系 7.7

JIPAD

  主病名 %
1 循環器系(心臓血管外科術後を含む) 39.8
2 手術後(心臓血管外科術後を除く) 39.5
3 呼吸器系 7.4
4 神経系 6.8
5 その他 3.3

各国の小児症例の疾患頻度トップ 5(緊急入室)

オーストラリア・ニュージーランド
    主病名 %
1 非術後 細気管支炎 16.7
2 非術後 肺炎もしくは肺臓炎 7.5
3 非術後 気管支喘息 6.3
4 非術後 痙攣 6.0
5 非術後 糖尿病性ケトアシドーシス 3.5

JIPAD

    主病名 %
1 非術後 てんかん(痙攣) 9.6
2 非術後 その他の呼吸器疾患 6.5
3 非術後 ウイルス性肺炎 6.2
4 非術後 心停止 5.8
5 非術後 その他の心疾患 5.8

各国の小児症例の疾患頻度トップ 5(予定入室)

オーストラリア・ニュージーランド
    主病名 %
1 手術後 脊椎固定術 5.4
2 手術後 アデノイド切除術±扁桃摘出 5.3
3 手術後 心室中隔欠損症閉鎖術 3.4
4 手術後 開頭術 3.3
5 非手術 心房中隔欠損症閉鎖術 3.3

JIPAD

    主病名 %
1 手術後 その他の心血管疾患 45.9
2 手術後 その他の呼吸器疾患 14.5
3 手術後 その他の神経疾患 6.2
4 手術後 その他の消化器疾患 5.9
5 手術後 椎弓 / 脊髄手術 4.3
07参加施設に対するベンチマーク情報の提供
  • 年次レポートのデータ解析の対象となった施設には、全体のデータと各施設のデータを比較したベンチマーク情報を提供する。

レポートの内容

  • 患者背景①:基本情報
  • 患者背景②:入室区分、形式、経路
  • 患者背景③:疾患群、重症度スコア
  • 頻度の高い疾患トップ 10
  • ICU での治療内容
  • ICU 退室時および病院退院時転帰
  • 成人重症の Funnel plot:横軸に症例数、縦軸に重症度スコアによる SMR をプロット。
Funnel plot の例(APACHE III-j)

SMR: standardized mortality ratio (標準化死亡比), Theta: 平均標準化死亡比

・ 成人を対象とする施設は全て管理限界内にあった。全施設の平均 SMR は 0.4-0.6の間と異常に低く、「参加施設の治療成績が通常よりも非常に高い」もしくは「APACHE III スコアの Calibration(較正)が悪い」可能性が考えられた。

05ICU 退室時および病院退院時転帰
  • ICU 死亡率は 3.6%、病院死亡率は 7.6%だった。
  • 成人重症例と比べ、小児の ICU および病院死亡率は低値であった。
  • 成人重症では他院への転院が約四分の一で認められた。
  • “MV のまま病棟“とは人工呼吸器を装着しまま一般病棟に退室した頻度であり、「ICU 入室中に人工呼吸器を使用した患者のうち,人工呼吸器を装着したまま一般病棟に退室した患者」と定義した。
  全症例 成人重症 モニタリング 小児
症例数, n 1,5841 8,806 6,175 860
ICU退室時転帰, n (%)        
病棟 13,024 (82.2) 6,547 (74.4) 5,753 (93.2) 724 (84.2)
CCU 59 (0.4) 54 (0.6) 5 (0.1) 0 (0.0)
HCU 2,043 (12.9) 1,571 (17.8) 409 (6.6) 63 (7.3)
NICU 10 (0.1) 0 (0.0) 0 (0.0) 10 (1.2)
PICU 22 (0.1) 0 (0.0) 0 (0.0) 22 (2.6)
他のICU 13 (0.1) 11 (0.1) 1 (0.0) 1 (0.1)
退院 36 (0.2) 34 (0.4) 0 (0.0) 2 (0.2)
転院 67 (0.4) 49 (0.6) 7 (0.1) 11 (1.3)
死亡 566 (3.6) 539 (6.1) 0 (0.0) 27 (3.1)
ICU在室日数*, days 1.0 [0.8, 2.8] 2.4 [1.4, 4.8] 0.8 [0.7, 0.9] 1.8 [0.8, 4.8]
MVのまま病棟, n (%) 821 (14.3) 719 (15.4) 10 (1.8) 92 (17.7)
退院時転帰, n (%)        
生存 11,987 (75.7) 5,621 (63.8) 5,616 (90.9) 750 (87.2)
転院 2,648 (16.7) 2,066 (23.5) 514 (8.3) 68 (7.9)
死亡 1,206 (7.6) 1,119 (12.7) 45 (0.7) 42 (4.9)
在院日数*, days 22 [13, 40] 26 [15, 47] 17 [11, 29] 20 [12, 46]

*中央値 [25th, 75th]
CCU: coronary care unit, HCU: high care unit, PICU: pediatric intensive care unit, NICU: neonatal intensive care unit, MV: mechanical ventilation.

このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる