お知らせ | JIPAD事業のご紹介 | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

「JIPADデータ利用要領」を改訂しました。


規約・データの利用について

>JIPAD3.41


JIPAD3.41をリリースしました。

  • JIPAD Localで以下の機能追加しました。
  • ・施設データに以下の項目を追加しました。
  •  「部門名」、「専門医研修施設の任天番号」、「集中治療室(専門医研修施設)の責任者名」、
  •  「連絡先電話番号」、「連絡先e-mail」、
  •  「うち、個室である病床数」、「うち、陰圧室である病床数」、
  •  「ICUの総面積」、「器材室の面積」
  • ・ICU施設調査集計で以下の機能を追加しました。
  •  「APACHEⅡ以外で使用している主な重症度指標」選択を追加しました。
  •  ICU施設調査データ出力ボタンを追加しました。
  •  クリックすると、ICU施設調査データの回答をExcelファイルに出力します。
  •  
  • ・クエリ制度で10症例までの制限がある場合のGlobalへ送信する機能の変更を変更しました
  •  10症例までGlobalへ送信する際に、ユーザーが「check」で症例を選択することで、10症例を選択できるように修正

  •  

>JIPAD3.4


JIPAD3.4をリリースしました。

  • ・JROD予測死亡率機能を追加しました。

  • ・ExJIPADに追加項目2/追加項目3のタブを追加しました。

  • ・SOFAの計算の不具合修正を行いました。

  • ・肝不全が「Yes」のとき、自動で肝硬変を「Yes」にするように修正しました。

  • ・GCSが「空白」の場合、制限するように変更しました。

  • ・入室経路が「救急外来」の時の警告条件を変更しました。

      警告条件を「入室経路が救急外来の時、入院日 + 2日 < 入室日の場合」から

      「入室経路が救急外来の時、入院日 + 2日 =< 入室日の場合」に変更

  • ・退室時転帰が「死亡」、かつ退院日と退室日が異なる時、制限するように変更しました。

  • ・退室時転帰と退院時転帰の選択不可条件を追加しました。

      退室時転帰が「死亡」、「転院」の時、退院時転帰はそれぞれ「死亡」、「転院」以外は選択不可。

      退院時転帰が「生存」の時、退室時転帰に「死亡」、「転院」は選択不可。

      退室時転帰が「退院」の時、退院時転帰は「生存」以外選択不可。

「JIPADデータ利用の手引き」を改訂しました。


規約・データの利用について

>セットアップ・操作マニュアル


2021/07/12 変更

  • ・「ExJIPAD 操作マニュアル」を追加しました。
  • ・「JIPAD導入編」を差し替えました。
  • ・「JIPADインストール編」を差し替えました。
  • ・「部門システムからのデータの自動取り込みにおける注意点」を「データ収集のピットフォール」に変更しました。
このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる