参加資格に関するQA | 参加検討中の施設の方へ | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

参加資格に関するQA

Q1
当科は特定集中治療室加算ではなく救命救急入院加算を取っています(特定集中治療室加算は可能)。この場合、対象施設からは外れますでしょうか?
A1
今後も定義が変わる可能性がございますが対象症例、施設の定義は下記の通りです。
貴施設はただし書きの内容に該当しますので(審査を行った上で)参加していただけます。各施設の準備ができましたらまずは参加の意思表示をして、責任者の連絡先などをお知らせ下さい。メーリングリストへの登録などをさせていただきます。
・ ICUに入室した全症例を対象とする。
・ ICUの定義:以下の特定入院料を算定しているベッドとする。
A300 救命救急入院料(2,4は確実 1,3は要相談)
A301 特定集中治療室管理料
A301-4 小児特定集中治療室管理料
ただし施設により事情が異なるケースも考えられるため、上記に該当しない場合も、審査の結果、対象施設とする可能性もあります。例:A300-1で算定はしているが、そのうちの一部のベッドは特定集中治療施設の基準を満たしているのでその部分だけで症例登録を行いたい等。
平成26年の診療報酬改訂からA301 特定集中治療室管理料は1 2 3 4の4区分となりましたが、いずれも対象となります。
Q2
当施設は救命救急センター30床を6床の救命ICUと、一般病床24床に区分して運用しておりますが、種々の理由により30床全体を救命救急入院料1で算定しております。ICU6床は特定集中治療施設の基準を満たしております。このような場合は申請できないのでしょうか?
A2
原則的には、参加施設についてはA1にありますように、特定集中治療室加算料を算定している国内施設もしくはそれに準じる(特定集中治療施設の基準を満たしている)施設とさせていただいています。しかし、施設によって運用方法が大きく異なるため、状況に合わせて判断させていただければと思います。
Q3
当院救命救急センターICUは特定集中治療室加算ではなく救命救急入院料4の加算対象となっております。このような施設でも参加可能でしょうか?
A3
A-1-1にありますように救命救急入院料2は「救命救急入院料1の施設基準のほか、特定集中治療室管理料1又は3の施設基準を満たすもの」であり、当然ご加入いただけます。救命救急入院料4は救命救急入院料2に加えて広範囲熱傷特定集中治療を行う施設ですのでこちらも問題なくご参加いただけます。救命救急入院料1および3の施設もA2のように特定集中治療施設の基準を満たしているベッドに関しては、ぜひ参加していただきたいと考えております。
Q4
当施設のICUでは同じフロア内のHCUと共同で運用を行っており、その間を患者が行ったり来たりすることがあります。重症度とは関係なく部屋の関係でもそのようなことがおきますが、このような場合同一患者がICUとHCUを異動する毎に1入室とすべきでしょうか?
A4
各施設で運用が異なることは十分承知しております。HCUといっても機能的に集中治療管理がなされているということであれば、ご相談のような件は1入室と考えて下さい。 JIPAD登録においては正確な情報を入力していただくために、審査機構を設けサイトビジットや教育プログラムを適宜開催しております。また本件のように運用に関して疑問がある場合は、日本集中治療医学会ICU機能評価委員会またはJIPADワーキンググループに適宜お問い合わせください。
このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる