JIPADの歩み | JIPAD事業のご紹介 | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

JIPADの歩み

年月 イベント
2011 年 7 月 データベース作成準備ワーキンググループ発足
2011 年 11 月 ICU 機能評価委員会で事業計画
2012 年 7 月 ANZICS-CORE と合意、情報提供受ける
2013 年 1 月 パイロットスタディ開始(5 施設)
2013 年 3 月 集中治療医学会総会にて結果発表、参加の呼びかけ
2013 年 12 月 データ辞書完成、ホームページ公開
2014 年 1 月 システム(コアプログラム)完成
2015 年 3 月 総会にて正式に参加の呼びかけ、サイトビジット開始
2015 年 10 月 ANZICS-CORE を訪問
2016 年 4 月 ICNARC(イギリスの ICU データベース)を訪問
2016 年 11 月 JIPAD2.0 の開発終了、配布開始
2017 年 1 月 2015 年度年次レポート発表(8病院9施設、5,908例)
2017 年 6 月 JIPAD ワーキンググループ設立
2018 年 2 月 2016 年度年次レポート発表(17病院20施設、15,841例)
2018年2月 第1回Datathon-Japan開催 ANZICS APDとの比較検討
2018年4月 JIPAD3.0の開発および配布開始
2019年2月 2017年度年次レポート発表(29病院32施設、27,047例)
2019年3月 第2回Datathon-Japan開催
2019年5月 登録症例数10万例突破
2019年10月 JIPAD紹介論文がJ Crit Care誌に掲載
2020年2月 JIPADデータを開放・利用開始
2020年4月 2018年度年次レポート発表(44病院46施設、37,268例)
ANZICS-CORE について

ANZICS-CORE(Australian and New Zealand Intensive Care Society, Centre for Outcome and Resource Evaluation)は、4 つのレジストリから構成されている。

Adult Patient Database (APD):成人データベース
ANZICS Paediatric Intensive Care Registry (ANZPICR) :小児のデータベース
Critical Care Resources (CCR) Registry:ICU リソースについてのデータベース
Central Line Associated Bloodstream Infection (CLABSI) Registry:カテーテル関連血流感染についてのデータベース

JIPAD は ANZICS-CORE と提携し、APD・ANZPICR と原則的に共通とした主病名コードを使用している。当然ながら両国の間には医療の質などに差があるために 100%同一のものとは言えないが、このことによって世界標準の重症系データベースとして通用するものといえる。
ANZICS-CORE は英国 ICNARC や香港、シンガポールなどの諸国とも国際的な提携を行っており、今後の展開が期待される。ANZICS-CORE の詳細についてはホームページを参照されたい。
http://www.anzics.com.au/

このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる