ICU での治療内容 | 過去のレポート(2016年度版) | 過去のレポート | 年次レポート | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

過去のレポート(2016年度版)

04ICU での治療内容
  • “48 時間以内の MV 再開“は、気管切開施行日以前に人工呼吸が 48 時間以内に再開された頻度である。ほぼ 48 時間以内の再挿管と同意義だが、ICU 入室時点ですでに気管切開が行われていた症例も含まれる。
  • “間欠腎代替療法”は腹膜透析を含む。”AKI に対する腎代替療法”は間欠もしくは持続の腎代替療法が行われ、かつ慢性疾患に維持透析を含まない症例。
  • 中心静脈ラインは約 4 割、動脈圧ラインは 9 割以上の症例で留置されていた。
  • 人工呼吸は全患者の約 4 割で施行されていた。
  • 気管切開は成人重症例の 4%で施行され、外科的気管切開の方が経皮的よりも施行頻度が高かった。
  • ICU 入室から気管切開の施行までの日数の中央値は 10 日であった。
  全症例 成人重症 モニタリング 小児
症例数, n 1,5841 8,806 6,175 860
中心静脈ライン, n (%) 7,365 (46.5) 4,892 (55.6) 2,052 (33.2) 421 (49.0)
動脈圧ライン, n (%) 14,128 (89.2) 7,553 (85.8) 5,934 (96.1) 641 (74.5)
人工呼吸, n (%) 5,764 (36.4) 4,683 (53.2) 560 (9.1) 521 (60.6)
人工呼吸日数* 0.8 [0.4, 3.5] 1.0 [0.5, 3.8] 0.2 [0.1, 0.4] 1.0 [0.3, 4.8]
48時間以内のMV再開, n (%) 154 (1.0) 135 (1.5) 1 (0.0) 18 (2.1)
NPPV, n (%) 770 (4.9) 745 (8.5) 11 (0.2) 14 (1.6)
外科的気管切開, n (%) 242 (1.5) 224 (2.5) 1 (0.0) 17 (2.0)
経皮的気管切開, n (%) 106 (0.7) 102 (1.2) 4 (0.1) 0 (0.0)
入室〜気切*, days 10 [6, 17] 10 [6, 17] 1 [1, 1] 12 [8, 20]
IABP, n (%) 267 (1.7) 263 (3.0) 4 (0.1) 0 (0.0)
PCPS (VA-ECMO), n (%) 104 (0.7) 92 (1.0) 0 (0.0) 12 (1.4)
VV_ECMO, n (%) 29 (0.2) 22 (0.2) 0 (0.0) 7 (0.8)
間欠腎代替療法, n (%) 630 (4.0) 570 (6.5) 60 (1.0) 0 (0.0)
持続腎代替療法, n (%) 732 (4.6) 706 (8.0) 6 (0.1) 20 (2.3)
AKIに対する腎代替療法, n (%) 625 (3.9) 597 (6.8) 8 (0.1) 20 (2.3)
血漿交換, n (%) 73 (0.5) 53 (0.6) 4 (0.1) 16 (1.9)
PMX, n (%) 97 (0.6) 97 (1.1) 0 (0.0) 0 (0.0)
その他の血液浄化, n (%) 17 (0.7) 16 (1.0) 0 (0.0) 1 (0.7)

*中央値 [25th, 75th]
MV: mechanical ventilation, NPPV: noninvasive positive pressure ventilation, IABP: intra-aortic balloon pumping, PCPS: percutaneous cardio-pulmonary support, VA: veno-arterial, VV: veno-venous, ECMO: extracorporeal membranous oxygenation, PMX: polymyxin B direct hemoperfusion

このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる