ICU の利用(滞在日数) | 過去のレポート(2016年度版) | 過去のレポート | 年次レポート | JIPAD | 日本ICU患者データベース | 日本集中治療医学会の診療レジストリ

過去のレポート(2016年度版)

09ICU の利用(滞在日数)
  • 医療の質を表す別の指標として効率性がある。
  • ICU の効率的な利用も医療の質の一つといえる。
  • ANZICS のレポートでは、予測 ICU 滞在日数を用い標準化 ICU 滞在日数比を算出し、SMR と合わせた分布を調べている。
  • JIPAD では、予測 ICU 滞在日数を算出するモデルを構築していないため、ICU 滞在日数の中央値と SMR を合わせた分布を調べた。

ICU の利用(滞在日数)成人全例

ICU の利用(滞在日数)成人重症例

  • SMR と比較すると、ICU 滞在日数の中央値はばらつきが大きかった。
  • Case mix の調整をしないと効率性について言及できないが、施設によって ICU の利用が大きく異なる可能性がある。
このウェブサイトは、利用者への利便性向上を目的としてCookieを使用しています。
サイト利用を継続することにより、Cookieの使用に同意するものとします。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
閉じる